斬新すぎるおみくじ「イチハラヒロコ恋みくじ」

おみくじと言えば「大吉」や「小吉」などが一般的なもの。しかし、熊本のとある神社にはこの「〇〇吉」と書かれたおみくじではない、変わったおみくじを扱っている神社があります。

それが山崎菅原神社です。

山崎菅原神社とは

山崎菅原神社が創建されたのは延久2年(1070年)頃。今から約1000年も昔です。

熊本市中央区桜町に位置し、熊本城から歩いて5分ほど、街中からも近くアクセスの良い場所にあります。少し目立ちにくいところにありますが、ちょっと変わったおみくじが引けることで、インスタでも人気を呼んでいることから、そのおみくじを一目見ようと参拝者の絶えない神社です。

山崎菅原神社

菊池肥後守則隆公が菅原道眞からお告げを受け今の大宰府天満宮から分霊されたのが始まりと言われており、以来、学業成就のご利益を求めてたくさんの人に参拝されています。

吉凶で判断しない「イチハラヒロコ恋みくじ」

山崎菅原神社のおみくじは吉凶で判断しません。初穂料100円で引くことのできるイチハラヒロコ恋みくじには心に訴えかける「言葉」が書かれています。お参りをしたら、さあいよいよおみくじの番です。

小さな建物があり、そこが授与所となっています。常に誰かがいるわけではないので、ベルを鳴らして宮司さんを呼び、おみくじを引かせてもらいます。

良くあるシャカシャカ振ると小さな穴空番号が書いてある棒が出てくるタイプのものです。おみくじに書かれているのはこのようなストレートな言葉のみです。他には何も書かれていません。

イチハラヒロコ恋みくじ

言葉の中にはストレートながら、意味の捉え方が難しいものもあります。そんなときは宮司さんに尋ねてみると、噛み砕いて意味を教えてくれますよ。

こんなおみくじは他に見たことがありません。この驚くほど直球な言葉は一般的なおみくじのように私たちを一喜一憂させるのではなく、書かれている言葉の意味について深く考えさせてくれます。

どんな言葉が書かれているのか知りたくて中には何度もおみくじを引く方もいるほど、イチハラヒロコ恋みくじには不思議な力があるのです。山崎菅原神社は言葉に宿っていると言われている不思議な力「言霊」を通して私たちに神との関わりを持ってほしいと考え、このイチハラヒロコ恋みくじを授与しているのです。

またおみくじを引くことで同時に現代美術についても知って欲しいという思いも込められています。

現代美術作家のイチハラヒロコ

イチハラヒロコは言葉や文字をモチーフにした作品で有名な現代美術家です。言葉の持つ力を存分に生かした作品はどれも私たちを強く惹きつけて離しません。

文字だけで芸術を作るイチハラヒロコの言葉が綴られたおみくじ。九州では山崎菅原神社のみでしか出会えません。

しかし、実は他県でも扱っている神社があります。大阪府の布忍神社、兵庫県の六甲八幡神社、愛知県の日吉神社の3ヶ所です。

大吉だから良い、凶だから悪いなどと吉凶の良し悪しだけでおみくじの意味を解釈せずに、言葉の意味をそのまま受け止めて欲しい、そのような思いから熊本の山崎菅原神社以外でも扱っているところがあるのです。

恋みくじだけじゃない

恋みくじの印象が強いですが、山崎菅原神社では七五三、初宮詣、厄祓いなども受け付けています。また、近頃多くの人が集めている御朱印も書いてもらうことができます。

営業時間内であれば書き手の方がほとんどの時間帯でおられますので、気軽に書いてもらうことができます。大宰府天満宮でお馴染みの菅原道眞が祀られていることで、学業成就のお参りもでき、ユニークな恋みくじも引くことのできる山崎菅原神社。

熊本城マラソンが近づいてくると「勝守」を買いに来られる方も少なくありません。世代を問わず利用者の多い山崎菅原神社は街でのお買い物中に、観光のちょっとした空き時間にすぐに寄れる場所にあります。

不思議な力を持つ言葉を受け取りに一度足を運んでみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧