合言葉は「ホギホギ?」宝来宝来神社の歴史

熊本県南阿蘇村にある一風変った神社、宝来宝来神社。平成生まれのかなり新しい神社です。

宝が来ると書いてホギホギ神社と読みます。他の神社にはない少し変わった名前は一度聞くとなかなか忘れられません。

1歩足を踏み入れると、変わっているのが神社の名前だけではないことに気が付きます。いくつもの鳥居が立ち並び、真ん中には大きな「当選岩様」がどんと置いてあります。

この神社、実は宝くじが当たる神社としてとても有名なパワースポットなのです。テレビ番組で特集されたり、熊本の旅行雑誌に掲載されたりと引っ張りだこです。

宝来宝来神社が建てられた経緯

当選岩様との出会いは平成16年の春。リストラされたとある男性が生活費を稼ぐために重機に乗って工事を行っていたところ、この当選岩にぶつかってしまったのが始まりです。

工事のために岩を壊そうとするも、なかなか壊れません。しかも壊そうとすると重機が故障してしまうのです。

ある日、男性の夢にこの大きな岩が現われてこう言いました。

“どうして私を壊そうとするのか?”

もちろん男は“生活のために金が必要だ”と答えます。すると岩は“それなら宝くじを買いなさい。

そして当たったお金の一部で私を掘り出して祀ってくれないか?”と言うのです。こうして買った宝くじが本当に当たったことから、岩は当選岩として祀られるようになったのです。

そして宝くじに当選した方からの寄付により宝来宝来神社が建てられました。

宝来宝来神社のお参りの仕方

お参りする際の合言葉はもちろん「ホギホギ」です。当選岩様の周りにはぐるっと数個の鳥居があります。

お参りするルートの順番ごとに番号が振ってあるのでその通りに鳥居をくぐっていきます。夢を掴むイメージを持って両手を合わせ、左右に引き寄せて「ホギホギ」と唱えながら鳥居をくぐっていきます。

近くのスピーカーからお参りの方法が音声案内で流れているので、分かりにくい場合はそちらを参考にしましょう。3つ目の鳥居をくぐると、そこには当選岩様があり、先ほど説明した宝来宝来神社の由来が詳しく書かれています。

そしてそのすぐ近くには当選岩様からお告げをもらう方法も書かれているので来られた際はそちらをぜひ試してみてくださいね。

お告げをもらう方法

  1. 当選岩さまの写真を撮ります。
  2. あとはその写真を枕の下に入れて眠るだけ。
  3. 当選岩様が夢で宝くじを買うタイミングやロト6などの番号を教えてくれます。

写真を撮ったら次の鳥居へと進んで行きましょう。すべての鳥居をくぐり終わったら祈祷をしてもらいお参りは完了です。

神主が祈祷している様子をビデオに収めてあるので、スイッチ1つで祈祷を受けられる仕組みです。なかなか面白いアイデアですね。

もちろん祈祷は無料で3分ほどで終了します。

気になる当選実績は?

宝来宝来神社の敷地内には「○○万円当選しました、ありがとうございます。」のような当選岩様に感謝の気持ちを示す当選者からのお礼の手紙がいくつも貼られています。

その手紙のほとんどには当選した宝くじのお金を貰う際に渡される明細表が一緒に貼られているので信憑性は抜群です。一番目を引くのは大きく赤字で「5億円当選!」と書かれたものです。

宝来宝来神社で売られている小判型のシールを貼っている宝くじ売場から5億円の当選金額が出たという報告です。他にも何百万円、何千万円という高額当選のお礼の手紙がいくつも貼られています。

当選岩様だけじゃない。他の神様も多数在籍

宝来宝来神社には当選岩様以外にもたくさんの神様が祀られています。

  • 愚痴聞き布袋様
  • 魔除け天狗様
  • 縁結び宝来観音様
  • 九頭馬様
  • 恵比寿大黒様

愚痴聞き布袋様

などなど、こんなに神様がいたら喧嘩してしまうのではと言うほどの神様がいます。ちなみに神様は喧嘩をしません、喧嘩するのは神ではなく悪魔とのことでたくさんの神様がいることに対して問題はないようです。

他にも、使わなくなった財布を供養してくれる場所や、ご利益のある一粒万倍の泉などもあり、見所が多く楽しめる場所となっています。

ピックアップ記事

関連記事一覧